The FUGAKU's              "KuroBUSA"warehouse on WeBlog

     日々ノぷらも製作トばいく乗リナ徒然
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ツーリングマップルの昭文社製ドライブガイド。
大きな地図でオススメ!
RECOMMEND
ノモ研〜野本憲一モデリング研究所〜
ノモ研〜野本憲一モデリング研究所〜 (JUGEMレビュー »)
野本 憲一
いまのレベルで一番役に立つ1冊
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
クロブサで横須賀下見ツーリング
JUGEMテーマ:車/バイク

秋も過ぎ、冬支度ですね。なかなか暖か陽気でしたので、みんなで出かけることにしました。朝に地域のお手伝いで出発は遅めに。9時を過ぎるとツーリング日和になりましたよ。


 ▲ 淡々と走る道で走行中撮影の練習。静岡東部・神奈川西部はスギが多くて、紅葉がねー。

東名・保土ヶ谷BP・横横とスムーズに来まして、横須賀着。東名はちょっと横風強かったです。


 ▲ ETCのきかない、有料出口。

ここから横須賀の街はすぐです。

 
 ▲ いよいよ来週から「坂の上の雲・第二部」放送開始。

三笠公園で一服し、ドブ板通りをうろつく。バイクはここに駐車しやすそうだし、下見の価値あったね!ここは冬でもこれるツーリングスポット。

早めに帰ろうということでしたが、ハーレーさんが東名に乗ったところでついてこない。事前連絡の休憩場所の海老名SAで待ってたら、ようようやってきた。メットのシールドベースのプラネジが割れて、涙流しながら走ってきたらしい。

夕方に用事のあるゼファさんはここでお別れして、小田厚をつかって小田原2輪館に寄って帰りましたよ。
| ツーリング | 21:04 | comments(10) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
クロブサで九州縦断ツーリング その6
JUGEMテーマ:車/バイク

九州を離れます。出航まで時間が結構あるので門司観光。鉄になりに行きます。


 ▲ 観光ディーゼル。子どもたちに大人気。

門司駅併設の九州鉄道記念館にいく。写真を撮りまくる。


 ▲ 前回の九州ツーリングではたどり着けなかった。。。


 ▲ 内部の様子。

1時間半ほど十分に堪能して、新門司へ舵を切る。コンビニでつまみを補給し、港へ。


 ▲ つくしの2等個室で帰ります。

早めにバイクの乗船ができたので、さっさとひと風呂浴び、甲板でのんびりビールを空けます。


 ▲ 阪九の2便「ながと」級。

出航の時間がきました。
九州では天気に恵まれたなぁ。


 ▲ 名門大洋と沈む夕日。


 ▲ 向こう側の乗船口の方が立派だ。手前は太平洋通過の東九フェリー。

こちらは瀬戸内航路なので揺れることもなく、大阪へ。


 ▲ 早朝の大阪着。写真で見ると結構ライトって明るいね。

名阪国道を使って、伊勢湾岸、東名で帰着。昼過ぎには着けたから早いモンだ。
 
| ツーリング | 22:57 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
クロブサで九州縦断ツーリング その5
JUGEMテーマ:車/バイク

九州最終日。6時に起床して、天気予報を確認。朝食抜きで7時にホテルを出発します。BMWにハーレー、ビグスクと結構なバイクが泊まっていたのですね。九州各地のほか、北関東ナンバーも来てましたよ。

すいているうちに、阿蘇へGo!

R57からr298阿蘇パノラマラインへ。すいているワインディングを楽しみつつ、r111に入ると、阿蘇カルデラの雄大な風景に飛び込んでいきます。


 ▲ 草千里。去年は観光バスで来た。

観光ポイントなので、草千里はすでに人がいっぱい。普通に休みの日なので、バイクもいっぱい。SS、ツアラー、最新ネイキッドがおおいなー。箱根・富士山・道志のように旧車は見かけないな−。

草千里からr111で阿蘇の南へ行ってみる。R265をつかって南阿蘇半周。R57に戻るまでは山岳ワインディングが続き、ただっぴろい阿蘇牧草地とは違ったイメージですね。で、阿蘇中心部で給油、人間にも給水します。


 ▲ 南側アプローチは地元ライダーに人気だそうです。マスツーがいっぱいだった。

続いて内舘から大観峰へ行く。当然混み混みだ。去年も観光に来てるし、阿蘇へ隼で来た!という証明かな。肉眼で見ると根子岳から烏帽子岳までよく見えるんだけど、写真にはなかなかうまく表現できないようだ。


 ▲ 阿蘇の稜線は涅槃仏の尊顔から胸にかけて。何度も撮ったんだけどね。

ツーリングマップルでは九州ツーリングのハイライトという、r11やまなみハイウェイへ。タイミング悪くコーナーで観光4輪に捕まってしまう。頻繁に休憩を入れて車間を空けてからまったりツーリングモードでいく。


 ▲ ちょっと曇ってきた。朝日台から九重連山。

湯布院まで来て、ここから高速で北九州へ。今晩のフェリーに向かう。鳥栖JCTを過ぎたあたりで渋滞にはまったが、すり抜けで事なきを得る。


 ▲ 直方PAで休憩モード。R1000が2台にDR-Z、インパルス。スズキなPA。

思ったより早めに門司につきそうなので、出港までにどっか寄ってこー
 
| ツーリング | 21:36 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
クロブサで九州縦断ツーリング その4
JUGEMテーマ:車/バイク

大航海時代オンラインを始めてしまい、ついついはまり込んでしまっています。ついつい記事を書くのをサボってしまう。。。

さて、今回泊まった宿はいちき串木野市にある市比野温泉の端にある「薩摩の里」。近くの入来温泉のほうが自分も知ってるほどですが、ここもなかなかの湯でしたよ。食事と焼酎もついて6,000円。ルートインに泊まるよりもいいね−。ひとりでは寂しかったけど


 ▲ バイクは外バーベキューの屋根の下に駐めさせてくれました。いいサービス。

ただ、Softbankはもちろんauもつながらないので、早寝してしまいました。朝湯も入って、今日も元気にツーリングしましょ!

県道を適当に走って、北上していく。ツーリングマップルのおすすめロードになっている、r404”フラワーロード”を走ってみます。確かに交通量無く快走路ですが、ちょっと路面状況がいまいちかな。ハヤブサでも大丈夫だけどね。

鶴田ダムで休憩です。西日本最大級のダムらしいですよ。確かにでかい。早朝なのに、バイクもすでに3台きてました。


 ▲ 休憩できるポイントはほかにもあるようです。

大鶴湖を巡りながら、曽木の滝へ。ここは東洋のナイアガラらしいです。規模は。。。ナイアガラに怒られちゃうか^^;
でも風景は負けてないですぞ。


 ▲ 反対側の方が見栄えがいいです。工事中でしたが。

r448で吉松へ、さらにえびののR221ループ橋を経由して、ほにゃほにゃして相楽藩の人吉へ。


 ▲ 人吉城前では高校の漕艇部が練習してました。

ここでお土産購入のため、熊本空港へ。とりあえず九州全土の物があるだろうし、と考えました。今夜の宿も近くのカンデオホテルですし。いよいよメインイベント、阿蘇山巡りのためにゆっくり休みましょう!


 ▲ なんだかワンランク上の部屋に通された。マッサージチェア付きw



 
| ツーリング | 00:10 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
クロブサで九州縦断ツーリング その3
JUGEMテーマ:車/バイク


さて、錦江湾沿いを北上し、垂水で給油。桜島の南岸を走って景色を楽しむ。


 ▲ おおー桜島だ。

いいワインディングですが、景色を楽しむのを優先して、ゆっくり走るとします。


 ▲ もちろん固縛なんてしませんよ。

桜島フェリーにするっと入って、15分ほどの船旅。次から次とばんばん走ってますなぁ。


 ▲ ある意味、渋滞してます。


 ▲ またね、桜島。下を向いてウェーキをみてると、酔うよね。


 ▲ やあ、また会ったね、桜島。ちょうど半周したところ。

鹿児島市内を国盗り旅して、指宿スカイラインへ。市内の観光ポイントは数年前に回ったし、龍馬関連で結構人出もあるので、スルーさせてもらいました。指宿スカイラインは結構路面が荒れてる。伊豆スカイラインみたいに混み混みじゃないので、走って気持ちいい。荷物が多いから倒し込めないけどね。


 ▲ 鹿児島市内一望。手前が工業地帯なので、いい景色とはいえないけど。

もう一つの特攻の街、知覧にやってきました。こちらは混でいるなぁ。案内に沿ってきたら、いわゆる裏手側に駐車になりました。護国神社を回り込むと、ラーメン屋が。


 ▲ とても親近感のあるロゴだ。

基地の規模は海軍の鹿屋の方が大きいのだけど、本や映画でも知名度が高いのは陸軍の知覧だよね。もっと鹿屋の資料館も注目してほしいものだ。


 ▲ こちらの入館は有料500円なり。

で、陸軍基地らしく、一式戦闘機「隼」がおいてある。ただし、こちらは映画用の精巧レプリカ。先ほどの零戦とほぼ同サイズなはずなんだけど、コンパクトに見える。四式戦闘機「疾風」は逆に大きく見えますね。


 ▲ わざと汚くウェザリングしてあるのです。

残念ながら、館内は撮影禁止なので、窓の外から密着して写真を撮るのです。


 ▲ 引き上げられた零戦。


 ▲ もういっちょ一式戦「隼」   …のレプリカ。

三式戦「飛燕」と四式戦「疾風」は完全館内なので、写真を撮ることができなかった。

観光日程を終了し、そろそろいい時間なので、今晩の宿に向かうのです。

| ツーリング | 18:48 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
クロブサで九州縦断ツーリング その2
JUGEMテーマ:車/バイク

この航路は朝早くない。9時下船となれば、ゆっくりできる。朝風呂入って身支度して余裕。ここからずっと晴予報だよ。うれしいね。気温も高い予報だけど。


 ▲ 寝坊したので、船窓から朝日をみる。


 ▲ 写真を撮っていたら、もうほかのバイク乗りは出かけていった。いつものこと。

まず観光で鹿屋の基地へ。旧海軍の特攻記念館へ寄ってみたいのです。まだ会館早々の時間帯だからか、空いています。


 ▲ 資料館は無料。すばらしい。


 ▲ すいているけど、少しスミのほうへ。

海自OB?の方のガイダンスでゆっくりと見せてもらう。海中から引き上げられ、ニコイチ修理された零戦52型をみて、それから屋外展示機を見て回る。


 ▲ 52型は大きくなったエンジンをうまくまとめたバランスの良さがすき。

一番の目玉は二式大艇かな。前にお台場の船の科学館に置かれていた機だね。東京でも長らく露天展示されていてだいぶ痛んでいるので、唯一の現存機でもあり、屋根をかけてあげたいところです。


 ▲ いかにも南国でござる。


 ▲ 消波の秘密兵器、カツオブシがよくわかる。


 ▲ 二式大艇のDNAを受け継ぐ者。


 ▲ 資料館遠景。 

南九州にお越しの際は是非。海上自衛隊広報が懇切丁寧に待っておられます。寄贈された模型のできもなかなかでしたよ。



 
| ツーリング | 21:19 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
クロブサで九州縦断ツーリング
JUGEMテーマ:車/バイク

今年のロングツーリングタイムがやってきました。ハーレーと北海道に行くつもりで計画していたものの、直前にやってきた台風9号で我が町に未曾有の集中豪雨をもたらしてくれたため、泣く泣くキャンセルになってしまいました。災害出動も一息ついたので、作戦を立て直し、九州縦断へソロツーリングに変更です。ついつい忙しくて記事にするのが半月遅れた。
 

 ▲ 御在所SAがリニューアル。地元の足柄SAもそうだけど、最近SA/PAの改装工事が多い気がする。

出発の日、大雨の予報です。去年出かけたときも大雨だったなぁ。今年はGIVI箱搭載で雨対策は楽だ。濡らしたくないものは箱へ、着替えなんかは防水インナー袋に詰めてからシートバッグに。ちゃんと防水カバーも掛けてね。


 ▲ 雨の移動は写真がないので。さんふらわあだけどダイヤモンドフェリーカラーだな。

ETC割引タイムに間に合うように、8時前に自宅を発し、御殿場ICへ。それなりに降っている状況でしたが、沼津まで来ると、まあ降っているかな?というくらいに。日本坂PAでは曇り空状態で、一服するのも楽でした。


 ▲ 乗り込むよ−。バイクは後の方になりました。

ガソリン残量を勘案して、浜名湖SAでの給油はなし。愛知まで入って新城PAで大休止。この先分厚い雨雲が広がっているようで、名古屋突破まで耐えるしかなさそうです。岡崎の辺りから豪雨開始。30秒でグローブに浸水を確認><。メッシュジャケットの下に防水インナージャケで雨対策してましたが、袖口から逆流したようだ。袖口の中に入れられるように、レイングローブも新しくしようかな。。。

刈谷PAが給油ポイントでしたが、雨により図らずも燃費走行になったため次のポイントまでいけそう。といっても名阪国道までは勝負な感じなので、少しだけ余裕も持って御在所SAにピットイン。なんだか紅白幕なんかかかってイベントやってます。17日がリニューアルオープンでその式典をやってたみたい。すでに商品がなくなりつつある仮店舗でコーヒーを買って休憩&給油。三重に入ってからはだいぶ雨も収まってきました。


 ▲  ファースト(1等)シングル。リッチカネモチ。ウソ。サービス期間で2等寝台の値段だったからです。

名阪国道をつかって大阪を目指す。奈良に着く頃にはすっかり晴天にグローブをのぞき、もうジャケットも乾いています。コンビニでカッパモードを解除。通常のグローブに替えてすっきり。このあと大阪をふらついて、フェリー内の食料を調達して南港へ行きます。


 ▲ 吹き抜けはさわやかブルーなイメージで。 

本日の大阪南港発、鹿児島県志布志行きの船はさんふらわあ「さつま」。同行するバイクは5台ほどとチャリ1台。17時に船首へ滑り込みました。9月のサービスキャンペーンで1等個室が割引でとれました。このお部屋は人気のようで、本日満室になってました。風呂上がりに早速ビールをくいっといき、バイキングどうしようかと考えましたが、冷食とカップ麺で済ましちゃえ。ツーリングマップルみながらにやにやして就寝。


 ▲ 宮崎航路と新門司航路のフェリー。コレにも乗りたいなぁ。

つづきはいつアップできるか。。。がんばって書こう。


 ▲ さあ、大阪を出発します。このビルは何だろう。
| ツーリング | 21:57 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
クロブサで浜松市美術館に行ってみよう
JUGEMテーマ:車/バイク

お暑うございます。残暑厳しき折、皆様いかがお過ごしですか。先週は浜松で行われておりました、バイク展に行って参りました。高速すっ飛ばしても暑かったです。

水冷ハーレーにゼファー1100、ドカSTといつものメンバーでございます。7時30分に御殿場ICに集合し、浜松に向かいます。日本平PA、小笠PAを休憩ポイントと伝えたつもりが、日本坂PAに行ってしまったりと、最終合流が遠州豊田PAに。渋滞はなかったものの、そこそこ詰まった右車線状態で、軽く縫い目走行でいったらはぐれてしまいました。マスツー反省。


 ▲ カラーはさておき、見慣れたΓはこちら。

浜松周辺を拠点とする(していた)バイクメーカー、ホンダ・ヤマハ・スズキのうち、美術館らしく各社「美しさ」に自信のあるバイクを出してます。


 ▲ あこがれのΓはこちら。


 ▲ ホンダはNRを出してきました。

撮った写真を見返すと、ヤマハ車少ない。YZRとか出してこなかったからか。一番デザインにこだわってそうなのにな。本拠が磐田だからか。


 ▲ ラムエアの取り入れ口とかリアタイヤは少し古めかしいが、今に通じるデザイン。


 ▲ 弁当箱型長円ピストンはレース仕様。市販車は楕円だったはず。

たっぷり堪能したあと、浜松Hydo+でお買い物。ちょうどお誕生日おめでとう割引券がきてたので。自分は買わなかったけど、ナビにメットにと活用してもらいました。帰りは富士ICの先がこんでたくらいでセーフ。駒門PA付近で事故渋滞があったようですが、帰り着く頃には、ぎりぎり解消してたみたいです。セーフ。


 
| ツーリング | 20:47 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP